ケアマネージャーのためのプラン作成で気をつけること

介護サービスの種類

介護サービスには、種類があります。

 

その種類とは、「居宅サービス(介護予防サービス)」、
「地域密着型サービス(地域密着型介護予防サービス)」、
また「施設サービス」、「居宅介護支援サービス(居宅介護支援事業所)」です。

 

そして同じサービスを同じ事業所で受けたとしても、
利用者が要介護者だった場合は介護サービスになり、
要支援者が受ける場合は予防サービスになります。

 

つまり、同じサービス、同じ事業所でも介護サービスと予防サービスでは、
サービスの内容によって受けられるものもありますし、
受けられないものもあります。

 

さらに、利用できる回数が違うものもあります。

 

特に、要介護だった人が認定の更新などで要支援になると、
今までと同じサービスを受けることができなくなったり、
利用回数が減ってしまうこともあるので注意が必要です。

居宅サービス(介護予防サービス)

・訪問介護(介護予防訪問介護)

 

・訪問入浴可以後(介護予防訪問入浴介護)

 

・訪問看護(介護予防訪問看護)

 

・訪問リハビリテーション(介護予防訪問リハビリテーション)

 

・通所介護(介護予防通所介護)

 

・通所リハビリテーション(介護予防通所リハビリテーション)

 

・短期入所生活介護(介護予防短期入所生活介護)

 

・短期入所療養介護(介護予防短期入所療養介護)

 

・小規模多機能型居宅介護(介護予防小規模多機能型居宅介護)

 

・認知症対応型協同生活(介護予防認知症対応型共同生活)/要支援2のみ

 

・特定施設入所者生活介護(介護予防特定施設入所者生活介護)

 

・福祉用具貸与(介護予防福祉用具貸与)

 

・特定福祉用具販売(介護予防特定福祉用具販売)

 

・住宅改修費支給(介護予防住宅改修費支給)

地域密着型サービス(地域密着型介護予防サービス)

・介護予防認知症対応型通所介護

 

・介護予防小規模多機能型居宅介護

 

・介護予防認知症対応型共同生活介護

 

・夜間対応型訪問介護

 

・認知症対応型通所介護

 

・小規模多機能型居宅介護

 

・認知症対応型共同生活介護

 

・地域密着型特定施設入居者生活介護

 

・地域密着型介護老人福祉施設

施設サービス(要支援者は対象外)

・介護老人福祉施設

 

・介護老人保健施設

 

・介護療養型医療施設

 

 

このように、介護サービスにはたくさんの種類があります。

 

このようにたくさんの種類があるのは、
利用者の多種多様なニーズに応えることが必要だからです。

 

利用者本人やご家族のニーズを満たし、
目標を達成するためには、一つのサービスだけでは足りないことが多々あります。

 

そのような場合は、必要なサービスを可能な限り、複合的に組み合わせて使い、
目標の達成につなげていくことが必要です。

 

特に、在宅でサービスを受ける人には、多様なニーズがあります。

 

ケアマネージャーは、介護サービスの内容をよく理解し、
ニーズにあったサービスを提案していくことが必要です。

 

ニーズにあったサービスが見つからないとき、
利用者の経済的な理由によって十分にサービスを受けられないとき、
利用者が住んでいる地域に希望のサービス事業所がないとき、
事業所の雰囲気が利用者に合わない・・・など、
さまざまな理由によって、サービスを受けられない事態も起きてきます。

 

ですが、可能な限り、ケアマネージャーは
利用者の望む生活の実現に向けて、
精一杯の提案をしていくことが必要です。